2012年11月16日

冬場の暖房器具をかしこく使う3

冬場の暖房器具をかしこく使う3 更新しました。

気になる電気代灯油代検証しながら、用途に合わせた暖房器具選びについて綴っています。


部屋全体を温めたい場合の節約暖房器具選び


石油ファンヒーターと石油ストーブ、どちらが節約?

部屋全体を暖めたいなら、石油ファンヒータが効果的です。
温風を送り出してくれるため、早く温まり、設定温度になれば火力が弱まり、燃料の消費も少なくなります

石油ストーブにも利点はあります。
以前の記事でも綴っていますが、調理に使うことが可能な点です。
ガスコンロを使用する時間を減らすことが出来るため、冬場に高くなるガス代を節約する事が出来るのです。
詳しくは、冬場の暖房器具をかしこく使う2、でも綴っています。

石油ストーブで部屋全体を暖めるなら、扇風機を併用する方法もあります。ホームページをご覧ください。




石油ファンヒーターの燃料費と電気代は?


ホームページでは、石油ファンヒーターや石油ストーブを使った場合、1時間当たり灯油を何リットル消費するのかについても、とある石油ファンヒーターを例に綴っています。



エアコンと電気ストーブ、どちらが節約?


ホームページでは、遠赤外線ヒータハロゲンヒータオイルヒータなどの電気ストーブを一纏めにして他の暖房器具と比較しています。

製品によっては、600W程度のものもあるようですが、暖かさに差があるようですので、1000W以上の電気ストーブとで比較しています。


エアコン電気ストーブも、最大の電力量が1000Wならば、さほど差がないようです。
ですが、エアコンの場合は、ずっと1000Wで運転しているわけではないため、長時間付けっ放しにした場合は、電気ストーブを使うより節約になります

また空気を暖める機能が優れているため、部屋全体を暖めるなら、エアコンの方が良いでしょう
エアコンをかしこく使うには2(冬)でも綴っています。

短時間の場合や、一人暮らしの方の場合など、場合によってはエアコンより電気ストーブを使用した方が便利なケースもあるようです
詳しくはホームページをご覧ください。


その他、

近づいて暖を取る場合の節約暖房器具選び


電気ストーブと石油ストーブ、どちらが節約


など、使い方や使用時間、外気の温度や、使用目的によって、どの暖房器具を選ぶと節約できるのか、何かのヒントになれば嬉しいです。


冬場の暖房器具をかしこく使う3はこちら

ホームページ-Smart life 節約生活-トップページはこちら


暖房器具の節約術など、生活の知恵を綴ったページの目次はこちらです



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

posted by smartlife at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約

2012年09月13日

冬場の暖房器具をかしこく使う2

冬場の暖房器具をかしこく使う2更新しました。

今回は 石油ファンヒーター石油ストーブの節約法について綴ります。
前回同様に、部屋を大きな保温器にするイメージで節約できます。
最近見かけなくなりましたが、ストーブの場合は、料理も出来ますので、ガスコンロを使う時間を短く出来ますよね。


灯油の値段も高くなるようです。少しでも灯油代を節約して温かく過ごしたいものです。

石油ファンヒーターやストーブを使うと気になるのが結露です。
冷え込んだ朝、ドアや窓が開かなくなった経験のある方もおられるでしょう。
家の中にあるもので、結露を防止する方法なども綴っています。

どの暖房機器においても空気が乾燥する悩みはありますよね。加湿器を使わない乾燥対策についても綴っています。

何かのヒントになれば嬉しいです。

冬場の暖房器具をかしこく使う2はこちら
節約生活ーSmart lifeー トップページはこちら


posted by smartlife at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約

2012年09月07日

冬場の暖房器具をかしこく使う1 更新

冬場の暖房器具をかしこく使う1
更新しました。


寒い冬、暖房器具は何をお使いですか?エアコン、石油ファンヒーター、ホットカーペット、電気ストーブ、こたつなど、いろいろありますよね。使われる暖房器具によって、かかる光熱費は異なります。使用時間や使い方、部屋の環境によっても異なるようですね。


今回は、ホットカーペットと炬燵を使う際の節約術をご紹介しています。
消費電力量を少なく、使用時間を短くして電気代の節約!!
身体を壊してしまっては元も子もないので、やせ我慢ではなく、節約しながら出来るだけ暖かく過ごすポイントを載せています。


更新ページはこちらから 冬場の暖房器具をかしこく使う1
ホームページトップはこちらへ Smart life-節約生活-
posted by smartlife at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約