2013年10月15日

調理器具をかしこく使って光熱費節約4 飲み物編・ホットドリンクを作る際の節約術(1リットルの水を沸騰させる光熱費比較・保温の工夫)

調理器具をかしこく使って光熱費節約4 飲み物編・ホットドリンクを作る際の節約術(1リットルの水を沸騰させる光熱費比較・保温の工夫) 更新しました。


湯を沸かす時に使う主な調理器具は、コンロとヤカン電気ポット電気ケトルではないでしょうか。
他にもお湯を沸かす調理器具があるようです。

ガスコンロではなくIHクッキングヒーター電気コンロ電子レンジコーヒーメーカーを使ってお湯を沸かすことも可能です。

ご家庭によって使う調理器具の種類や大きさ、沸騰させたい水の量も異なります。
都市ガスとプロパンガスではガスの単価が数倍違いますし、ガス会社によっても異なるため、どうやってお湯を沸かすと光熱費の節約になるのかも異なります。

今回は、お湯を沸かす時に使う調理器具の節約術についてつづっています。

主に、ガスコンロとヤカン、電気ポット電気ケトル電子レンジIHクッキングヒーターを使って1リットルの水を沸騰させる際にかかる光熱費調理器具別に検証しています。


また、飲み物を作る時の節約法光熱費0円で保温できる魔法瓶をかしこく使ってほぼ一日中温かい飲み物を飲む工夫などもご紹介しています。

お手持ちの調理器具ガスの単価作りたい飲み物の量ライフスタイルなど、それぞれ事情も状況も異なりますので、用途によって上手に選んで使えるよう、参考になればと思います。



ガスコンロとヤカンを使って1リットル(1000cc)の水を沸騰させる時にかかるガス代は?都市ガスだといくら?プロパンガスだといくら?

都市ガスの単価180円、LPガスの単価600円でガス代を検証

電気ポット電気ケトルを使って1リットルの水を沸騰させると、かかる電気代はいくら?

とある電気ケトルを使って電気代を検証


ガスコンロと電気ケトル、1リットルの水を沸騰させるなら、どちらが節約?


電子レンジを使って1リットルの水を沸騰させると、かかる電気代はいくら?

電子レンジを使って水を沸騰させた場合の注意点など、知っておくと役立つ工夫などもご紹介しています


コーヒーメーカーIHクッキングヒーターを使ってお湯を沸かすと電気代はそれぞれいくら?

珈琲だけでなく紅茶やお茶も入れることができるコーヒーメーカーの気になる電気代


ガスコンロとヤカン、電気ポット電気ケトル電子レンジIHクッキングヒーター1リットルの水を沸騰させるコストを安い順に並べると



朝晩は寒いと感じる季節になりましたね。そろそろ冷たい飲み物から温かい飲み物に切り替わる時期ではないでしょうか。節約のヒントになればと思います。


詳しくは調理器具をかしこく使って光熱費節約4ー飲み物編(1リットルの水を沸騰させる光熱費比較)ーをご覧ください。

ホームページ-Smart life 節約生活-トップページはこちらです




参加しているブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
posted by smartlife at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 家電

2013年07月03日

エアコンをかしこく使うには1(夏)追記更新

エアコンをかしこく使うには1(夏)追記更新しました。


昨年、エアコンでは、どちらが節約になるか、について綴りました。


今回は、つけたり消したりとつけっ放しは、どちらが節約?について綴っています。



とある家庭用エアコンの電力量は最大で800W
最小でも200W程度。
出来るだけエアコンを使わない事が電気代の節約になりますが、暑い夏、お住まいの住宅によっては、外の方が涼しいケースもありますし、扇風機で我慢できる室温にも限界があるでしょう。
室温が40度を越えてしまう住宅もあるようです。

持病がある方や、身体に不自由があり、ご自宅から出られない方もいらっしゃるでしょう
エアコンを使用するなら、なるべく消費電力を抑えたいですよね。


エアコンは、使用時間を短くすれば節約になるかというと、そうではない場合が多いようです。

つけたり消したりする場合と、つけっ放しにする場合、どちらが節約になるのか、詳しくは、エアコンをかしこく使うには1(夏)追記、をご覧ください。



ホームページ-Smart life 節約生活-トップページはこちらです







参加しているブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


posted by smartlife at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 家電

2013年05月22日

調理器具をかしこく使って光熱費節約3 茹で卵編

調理器具をかしこく使って光熱費節約3 茹で卵編 更新しました。


茹で卵を作る時、どの調理器具を使ってどのくらいの時間加熱されていますか?


多くの方は、コンロと鍋を使われているようですが、他にも、電子レンジや炊飯器など、茹で卵を作れる調理器具があるようです。
最近は、電子レンジで作れる茹で卵専用の調理器具も販売されているようです。


ご家庭によって使う調理器具の大きさ茹でたい卵の数前後に作られるメニュー異なります
時と場合によってどちらが光熱費の節約になるかも変わって来るでしょう。


今回は、茹で卵を作る時に使う調理器具の節約術についてつづっています。

具体的にガス代がいくらかかり電気代がいくらかかるかなども綴っています。

加熱時間を短縮する方法や工夫とある光熱費節約の強い味方などもご紹介しています。

それぞれの事情も状況も異なりますので、用途によって上手に選んで使うと節約になると思います。


茹で卵は水から作るしかない?お湯からでも作れる?

前回ご紹介した、ペンネサラダと保存用グラタンの調理過程にも綴っていますが、茹で卵は水から茹でる必要はないようです。


ガスコンロで茹で卵を作ると、ガス代はどのくらい?

コンロと鍋を使って卵を茹でる場合に気になるのがガス代ではないでしょうか。
火力や加熱時間によってガスの使用量は異なります

ホームページでは、とあるガスコンロを使って茹で卵を作った時のガス使用量から、ガス代を計算し、比較しています。

水から茹でた場合、お湯から茹でた場合、それぞれのガス使用量ガス代も綴っています。


電子レンジで固ゆで卵を作ると電気代はどのくらい?炊飯器で作るより節約になる?

電子レンジや炊飯器で茹で卵を作る場合注意しなければならないのは、黄身の爆発を防ぐために、卵をアルミホイルで包み、水やお湯に沈めて加熱する点です。

このアルミホイルは、10cmあたり約1円かかるため、電子レンジや炊飯器で茹で卵を作る場合、アルミホイル代も含めて比較検証しています。

卵5個の場合と2個の場合を例にしています



加熱時間を短縮できれば、ガス代や電気代など光熱費の節約ができます
これまでにもご紹介している、とある調理器具を使って、この加熱時間短縮する工夫も綴っています。



調理器具をかしこく使って光熱費節約3ー茹で卵編ーはこちら

ホームページ-Smart life 節約生活-トップページはこちらです





参加しているブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ



posted by smartlife at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 家電